【初心者向け】メタマスクの基本的な使い方 Part.1 ~ウォレット作成・送受信・接続編~

こんにちは!JPYC株式会社です。

今回は『メタマスクのウォレット作成方法と基本的な使い方』について解説していきたいと思います。

メタマスク?ウォレット?と思った方は、ぜひ読んで、これらをマスターしちゃいましょう。

この記事は、これから暗号資産の取引を始めたいひとに向けた内容ですので、わかりやすくしっかり解説します。そして、読み終えたころにはこれらの内容が理解し、ウォレットを作成でき、使いこなせるようになっていますよ。

 

「学べること・できること!」

 〇 暗号資産を管理するウォレットがわかる。

 〇 ウォレットの1つであるメタマスクがわかる。

 〇 メタマスクの登録ができる。

 〇 メタマスクの基本的な使い方がわかる。

 

ということで、さっそくいきましょう。

 

□メタマスクの登録方法と使い方を学ぼう!

■ウォレットとは、暗号資産を管理するためのお財布のこと!

さて、まずはウォレットについてお話ししていきましょう。

みなさん、ウォレットってなにかわかりますか?そうです、お財布のことですね。

ですが、このお話しに出てくるお財布は、『暗号資産』用のお財布になります。

 

しかし、暗号資産のお財布も基本的には、皆さんが持っていて日常で使う財布と変わりありません。ウォレットは、暗号資産を保管したり、管理するためのものになります。

 

では、何が違うのかというと、実物がないというのが特徴になるでしょう。というのも、ウォレットはインターネット上にある財布だからです。

イメージとしては、ここ最近使われているインターネットバンキングと呼ばれる銀行のようなものでしょうか。わざわざ銀行に行かなくても、パソコンやスマホで取引ができますよね。

あれも、目の前に現物(お金)こそありませんが、あなたが持っているお金が表示されたり、ほかの人に振り込んだりすることができますよね。これと同じようなものと考えてください。

※なお、JPYCは暗号資産ではありませんが、このウォレットを通じてやり取りが可能です。

 

続いて、そのウォレットの1つであるメタマスクについてお話ししていきましょう。

 

・メタマスクは、登録料、利用料0円のメジャーなウォレットです!

メタマスクというのは、暗号資産のウォレットになります(2021年8月中)

このメタマスクのウォレットを登録すれば、多くのブロックチェーンゲームやDEX(暗号資産の取引するところ)だけでなく、今話題のNFT(画像などのこと)の取引ができるOpenSeaというサイトにも使えます。

そのため、まず暗号資産を使ってみたいという人にとって、メタマスクはオススメできるウォレットなのです。

 

そんなメタマスクですが、登録料0・利用料0で使えちゃうんです。しかも、必要なものは、パソコンかスマホだけ。

この記事読んでいるということは、どちらかは今まさに使っているはずですから、あなたでもメタマスクのウォレットを作れちゃうんです!

また、メタマスクは日本人の多くが利用していますから、情報がたくさん出てきます。なにか困ったときでも、調べれば解決することができますよ。

ちなみに、メタマスクはキツネがトレードマークです。

 

ということで、メタマスクとウォレットについて理解してもらったと思うので、このままメタマスクのウォレットを作っていっちゃいましょう!!

 

■ウォレットを作っていこう!

ということで、メタマスクでウォレットを作っていきたいと思います。

まず、メタマスク作成には公式サイト公式ツイッターからいきましょう。メタマスクと検索すると、偽サイトが表示されることがあるためです。

 

メタマスクは、Google ChromeやMicrosoft Edge、Brave、Firefoxといったブラウザで登録が可能です。

こちらにブラウザ別のリンクがありますので、メタマスクを登録したいブラウザを選択ください。

スクリーンショット (3025)

今回はGoogle Chromeというブラウザで、メタマスクを登録していきます。上の画像のChromeに追加を選択します。

 
 

スクリーンショット (3026)

続いて「Metamask」を追加しますか?と表示されるので「拡張機能を追加」をクリック!

スクリーンショット (3027)

MetaMaskにようこそ!と表示されたら「開始」をクリックします。

スクリーンショット (3028)

今回は新規でウォレットを作成するので、右にある「ウォレットを作成」をクリックします。

スクリーンショット (3029)

内容に同意する場合は「同意する」、しない場合は「結構です」を選択ください。

スクリーンショット (2037)

最低8文字のパスワードを、新規パスワードとパスワードの確認に入力します。その後、同意するにチェックを入れてから「作成」をクリックします。

 

スクリーンショット (2038)

続いて、メタマスクを使ううえで重要な、ウォレットの管理方法について解説動画があります。

この部分はかなり重要なので、しっかり見て、理解しておきましょう。

 

ただ、動画の解説が英語なので、上のYouTubeで日本語字幕を設定し見ることをオススメします。

スクリーンショット (3030)

赤矢印の「ここをクリックします」をクリックすると、ウォレットの復元に必要になるシークレットリカバリーフレーズと呼ばれる、12個の英単語が表示されるので忘れないように保存しましょう。

これをなくしてしまうと、パソコンなどの機種を変えたとき、ログインパスワード忘れたときに、復元できなくなってしまいますので重要ですよ!

メタマスクは、1Passwordのようなパスワード管理ソフトに保存したり、紙に書いて複数の場所に保管するようにという風に言っています。

一般的なサイトではパスワードなど忘れた場合、問い合わせればパスワードの再発行などできます。しかし、このシークレットリカバリーフレーズはこの画面にも記載の通り、だれにも情報を開示することはない(再発行はしない)ということなので、なくしたらマジで終わりです。。。


保存ができたら「次へ」をクリックします。

スクリーンショット (3031)

ここでは、前のページで保存をした12個の単語を順番通りに選択していきます。最後に、確認をクリックしましょう。


スクリーンショット (3033)

「全て完了」をクリックすれば、ウォレット作成完了です。

 

途中の動画説明にもありましたが、重要箇所を改めてお伝えしておきます。

 

〇シークレットリカバリーフレーズは、絶対に誰にも教えない。

→教えてしまうとあなたのメタマスクにログインできるようになり資産を引き出すことができてしまいます。入力を求められても教えないでください。

なので、SNSで教えてほしいというメッセージを受け取っても、教えてはいけません。

〇メタマスクは、シークレットリカバリーフレーズを復元できない。

→シークレットリカバリーフレーズを忘れたり、メモを紛失しても再発行することはありません。忘れれば、メタマスクにある資産を引き出すことができなくなります。

 

・作成したメタマスクにログインしていきます。

 

スクリーンショット (3034)

ブラウザの右上のキツネのアイコンをクリックして、設定したパスワードを入力します。

その後「ロックを解除」で、ログインできます。

 

これで、メタマスクが使えるようになりました!おめでとうございます。

 

■メタマスクを使った暗号資産の送受信について

・暗号資産の受取について

画像10

 

では、メタマスクについて、もうちょっと知っていきましょう!

ここでは、ほかの人から暗号資産をを受けとるときに使う『アドレス』についてお話ししていきます。

 

このアドレスというのは、銀行で言えば口座番号のようなもので、あなた専用のものになります。これを相手に伝えて、相手が暗号資産を送れば、受け取ることができます。まさに、銀行振り込みのようなもの。

 

アドレスを相手に伝えるときに気を付けたいのは、アドレスを1文字でも間違えると届かないということ。なので、1文字ずつキーボードで打ち込むことなく、コピー&ペーストでやりましょう。

 

アドレスの場所はというと、上の画像で言えば「Account1」と表示されている部分がありますね。この下にある「0x9396...B77f」が、あなたのアドレスです。

この部分をクリックすると、アドレスがコピーできます。

コピーしたアドレスを相手に伝えて、相手が暗号資産を送れば、あなたのもとにその暗号資産が届きます。

 

・暗号資産の送付について

続いて、先ほどとは逆の暗号資産を送るときに使う手順になります。

ちなみに、JPYCを弊社のアドレスに送ることで、Vプリカギフトなどと交換ができます。なので、ぜひともマスターしましょう!笑

スクリーンショット (2992)

まずはウォレットを開いて、送りたい暗号資産をクリックします。そうすると上の画面が出てきます。そして「送金」をクリックします。

 

スクリーンショット (3035)

送付先のアドレスを、検索画面に入力します。

スクリーンショット (3007)

 

金額の部分で送りたい金額を入力します。(アセットで、送る暗号資産の変更も可能です)

Transaction Fee(送付手数料)で手数料を『Low(遅い)・Medium(普通)・High(早い)』の中から選択します。

手数料を高くすれば送金速度も上がることになります。

 相手のアドレス先などをよくチェックして、間違いがなければ「次へ」をクリックします。

最後に「確認」をクリックすれば、送付の手続きが完了です。

 

これがメタマスクの受け取る・送るという基本的な使い方になります。冒頭で、ウォレットはお財布のことといいましたが、機能的にもネットバンキングに近いのかなと自分は思っています。

 

では、ブロックチェーンゲームでの、メタマスクの使い方を見ていきましょう。

 

■ブロックチェーンゲームにメタマスクを接続する方法

・My Crypto Heoresの場合

 

スクリーンショット (3036)

My Crypto Heores にアクセスすると、自動的に左上のようにポップアップ画面が表示されます。

「次へ」→「接続」をクリックすると接続が許可され、My Crypto Heores を遊ぶことができるようになります。

 

大体、どのプラットフォームも接続方法は同じですので、ほかの場合でも同じようにすれば問題なく接続できます。

 

□メタマスクのウォレットについてのまとめ

今回学んだことを、改めてまとめておきましょう。

 〇 暗号資産を管理するウォレットがわかる。

 〇 ウォレットの1つであるメタマスクがわかる。

 〇 メタマスクの登録ができる。

 〇 メタマスクの基本的な使い方がわかる。

みなさんウォレットとメタマスクについて理解して、実際にメタマスクのウォレットが作れたでしょうか。そして、使い方も少しはわかったでしょうか。

もし、この記事がみなさんの悩みを解決できたならば、本当にありがたいことです。

最初に暗号資産のウォレットと聞いて、難しいなと思ったかもしれませんが、登録も普通のサイトの会員登録と似ているし、そこまで難しくなかったと思います。(と思ってもらえてたらいいなぁ。。。)

 

今後、ブロックチェーンゲームなどさまざまな場所で、メタマスクの利用が推奨されていき、それらのサービスは今後も増加することが予想されます。

もちろん、今回メタマスクの登録が完了したあなたは、OKです!!あとやるべきことは、この世界を楽しむだけです!!存分に楽しんじゃってください!!あなたは、もうそれができるのですから。