【初心者向け】メタマスクの基本的な使い方 Part.2 ~トークン追加・復元・取引履歴編~

こんにちは!JPYCです。

前回に引き続き、メタマスクの使い方を見ていきたいと思います。

前回の内容を改めてまとめると、下記の通りでした。

 〇 暗号資産を管理するウォレットがわかる。

 〇 ウォレットの1つであるメタマスクがわかる。

 〇 メタマスクの登録ができる。

 〇 メタマスクの基本的な使い方がわかる。

もしまだの方は、下記のリンクからどうぞ。

【初心者向け】メタマスクの基本的な使い方 Part.1 ~ウォレット作成・送付・接続編~

 

今回はメタマスクの基本的な使い方 Part.2なので、よりメタマスクを理解できる・使いこなせるようにしてくのが目標です。

この記事で学べる具体的な内容はこちら。

 〇 トークンの追加方法。

 〇 ウォレットの復元方法。

 〇 ウォレットのインポート方法。

 〇 取引に必要な手数料の考え方。

 〇 取引履歴について。

です。

 

では、さっそく見ていきましょう。

□メタマスクの使い方(トークン追加・復元・取引)について解説

■トークンをウォレットに追加する方法

まず最初にトークンをウォレットに追加する方法について、解説していきます。

 

トークンというのは、なんだ?と思ったかもしれませんが、平たく言えば通貨のことです。

通貨というのはいろんな会社・団体が発行するもので、言わば企業が独自で発行するポイントのようなものになります。

例えば、JPYCは弊社が発行するトークンになります。ほかにも、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産もトークンの1つです。

 

これらトークンは世界中のいろんな会社が発行しているので、メタマスクにすべて登録されているわけではありません。

あればそのままで表示されるのですが、中には自分で登録する必要があるものもあります。

それがここで説明する「トークンをウォレットに追加する方法」になります。

 

まずは、メタマスクに登録されているトークンの場合です。

 

・メタマスクで検索して追加する場合

この場合はメタマスクに情報が登録されているため、検索窓にトークンの名前を入力すればOKです。

 

スクリーンショット (2992)

まずはウォレットを開きます。ウォレットの開き方は、Google Chromeの右上にあるキツネマークをクリックです。

開いた画面で、一番下にある「トークンをインポート」をクリックします。

「トークンの検索」部分に、追加したいトークンの名前を入力します。今回は「DAI」を調べます。

今回は「DAI」を追加したいので、一番上の「Dai Stablecoin(DAI)」をクリックし「次へ」です。

 

あとはこの画面で「トークンを追加」をクリックすれば、終わりです。

スクリーンショット (2993)

ウォレットに戻ると、DAIがしっかり追加されていますね。これでトークン追加が完了です!

 

・検索しても表示されない場合

続いては「検索しても出てこない場合」になります。この場合は自身で必要な情報を検索して、その情報をウォレットに入力する形になります。

 

ここでは、USDCを例にしていきたいと思います。USDCはトークンの検索からで表示されますが、ここでは表示されないということで考えていきます。

その場合は、Etherscanで調べてみましょう。

ここでは「USDC」を追加したいので、USDCを「Search by Adress / Txn Hash / Block /Token /Ens」の部分に入力し検索します。

スクリーンショット (3013)

USDCと入力するといくつか候補がでてきますので、自分がトークンを追加したいものをクリックします。

スクリーンショット (3019)

そして、できてきた画面の右側に「Profile Summary」があります。ここの部分の「Contract」がUSDCというトークンの情報になります。

「0xA0b86991c6218b36c1d19D4a2e9Eb0cE3606eB48」をコピーします。

上の画像にある青矢印の先にマウスを合わせ、クリックするとUSDCのアドレスがコピーできます。

メタマスクに戻って、トークンの追加からカスタムトークンを選択。

スクリーンショット (3015)

「トークンコントラクト アドレス」にコピーしたアドレスを入力します。

そうすると

トークンシンボル: USDC

トークンの小数桁数 :6

と自動入力されるので「次へ」をクリックします。

スクリーンショット (3016)

最後に「トークンをインポート」をクリックします。

スクリーンショット (3017)

このように、トークンの追加が完了しました。

 

・JPYCでトークン追加をやってみよう!

これでトークン追加の方法は、理解できましたね。

1つ目は、メタマスクで検索する。

2つ目は、Etherscanで検索する。

 

では弊社の発行するJPYCで、トークンを追加してみましょう!

みなさんが、しっかり理解できているか確認ですよ(最後に答えを載せておきます)

 

■ウォレットの復元をする。

ではウォレットの復元方法について、みていきます。※この記事では、簡易的に説明しています。

 

復元は、メタマスクを再インストールしたり、メタマスクを使っているパソコンやスマホを新しくしたり、別の機種に切り替えたりするときに行います。

このとき必要なのは、メタマスクを登録した際に出てきた「シークレットリカバリーフレーズ(Secret Recovery Phrase)」(旧シードフレーズ)です。

ちゃんとメモしてますよね?もしなくなってしまってるなら、メタマスクが開ける間は確認ができますので、先にこのシークレットリカバリーフレーズを確認してから復元をしましょう。

では、話を進めていきます。

スクリーンショット (2999)

新しく切り替えたい機器で、メタマスクをインストールします。そして開いた画面で「Import wallet」をクリックします。

noname

インストール時に保存した、シークレットリカバリーフレーズを入力。

次に、新しいパスワードを「新規パスワード(New password)」に入力。

最後に「パスワードの確認(Confirm password)」に新しいパスワードを入力して、「Import」をクリックすれば復元が完了します

 

ただし、トークンやネットワークの情報は再設定する必要があります(トークンの残高はちゃんと残っていますので、安心ください)

 

■他のウォレットをインポートする方法

続いて「他のウォレットをインポートする方法」にいきましょう。

そもそも、このほかのウォレットをインポートするというのは、

『メタマスクではない別のウォレットを持っているけど、メタマスクでも使いたい』いうときにおこなうものです。

わかりやすく例えるなら、財布新しくしたから、現金や小銭、クレジットカード、ポイントカード、クーポンとかを、古い財布から移動しよう!って感じです。

 

このときメタマスクへ、移動するので、”イン”ポート。

逆にメタマスクから、違うウォレットに移動するときは、”エクス”ポート

 

ざっくりこんな感じで覚えておいてください。

スクリーンショット (3003)

まずはウォレットを開いて出てきた、いろんな色が混ざった画像(右上部分)をクリックします。そして、出てきた画面で「アカウントのインポート」を選択します。

スクリーンショット (3004)

別のウォレットの秘密鍵を入力して「追加」をクリックすると、インポートが完了します。

 

■取引に必要なガス代(手数料)について

送金といった取引をする際、ガス代というものがかかります。ガス代とは、手数料のことです。

これはネットワークごとに違うトークンが必要であり、例えばいま話しているイーサリアムネットワークであれば、ETH(イーサリアム)でガス代を払うことになります。ほかにはPolygonネットワークであれば、MATICというようになります。

スクリーンショット (3020)

EtherscanにあるGas Trackerでは、イーサリアムネットワークでの取引にかかるガス代の目安を知ることができます。ETH Gas Stationでも知ることができます。

High(約30秒以内で取引するのに、必要なガス代)

Average(約3分以内で取引するのに、必要なガス代)

Low(約10分以内で取引するのに、必要なガス代)

というように、ガス代を多く支払えば優先して処理してくれるし、少なければ後回しになります。しかし、少ないからといって処理してくれないわけではありません。あくまで、優先度の違いです。

スクリーンショット (3007)

どれくらい早く処理してほしいか、低・中・高から選択することができます。

スクリーンショット (3006)

詳細オプションで、より詳細な設定も可能です。

簡単に解説しますが、ここの最大手数料(Max fee)を変更すればOKです(最大優先手数料(Max Priority fee)でも可)

メタマスクでも自動的におすすめのガス代を表示してくれますが、適切なガス代ではないこともあります。なので、送金時には、上であげたサイトを参考にして、ガス代を設定することをおすすめします。

 

■送金・取引履歴の確認(トランザクションの確認)

最後に、送金・取引履歴の確認方法をみていきます。

 

取引は別名「トランザクション」といい、送金というのは取引の一部です。

ここでは送金の履歴を見ていきますが、この部分でほかの取引内容(ほかの通貨と交換したなど)も確認ができます。

 

そして取引は、アクティビティ確認できます。

 

スクリーンショット (3023)

まずはウォレットを開きます。「アクティビティ」という部分をクリックします。

そうすると、取引履歴が出てきます。見たい取引内容をクリックすると、詳細が表示されます。

スクリーンショット (3022)

さらに、詳しい取引概要が知りたい場合は、「ブロックエクスプローラーで表示」をクリックすると確認できます。

 

□ メタマスクの基本的な使い方~トークン追加・復元・取引履歴編~のまとめ

ということで、今回解説した内容はこの通りです。

 〇 トークンの追加方法。

 〇 ウォレットの復元方法。

 〇 ウォレットのインポート方法。

 〇 取引に必要な手数料の考え方。

 〇 取引履歴について。

でした。

今後この中でよく使うものもありますので、使い方に慣れていきましょうね。

 

【答え合わせ】JPYCをメタマスクに追加しよう!!

最後にトークン追加で出した、JPYCをウォレットに追加するの答え合わせです。

スクリーンショット (3037)

みなさんこのように、JPYCがウォレットに追加できましたでしょうか?

このようにできていれば、もう完璧!!ですよ。

 

 

では、まだ追加できていないひとは、このあと答えを解説していきますので確認くださいね。

 

まず今回、メタマスクにトークンを追加する方法を2つ紹介しました。覚えていますでしょうか。

 

①メタマスクで検索、②Etherscanで検索

大丈夫ですか?あっていました?

 

覚えていなくても大丈夫です!実際にトークンをメタマスクに追加していきますので、ここで理解しましょう。

スクリーンショット (5)

①のメタマスクで検索の場合、JPYCは検索しても出てきません。なので、②のEtherscanで検索し追加していくことになります。

 

JPYC(Ether)のコントラクト:0x2370f9d504c7a6e775bf6e14b3f12846b594cd53

これをトークン追加で「トークン コントラクト アドレス」に入力すればOKでした。

 

あと、もうひとつJPYCをウォレットに追加する方法がありまして。。。

スクリーンショット (3011)ああ

https://jpyc.jp/

JPYCホームページの対応チェーン一覧に「Ethereumコントラクトアドレス」というのがあります。ここの右にあるメタマスクのマークをクリックすると、上のようになります。

あとは、トークンの追加をすればOKでした。

 

ほかのネットワークで追加したい場合も、同様の手順となります。※ほかのチェーンでJPYCを追加する場合は、事前に対応するチェーンをメタマスクに設定してから行ってください。メタマスクにネットワーク(チェーン)を追加する方法は、こちらからどうぞ。

 

今後も、皆さんが疑問に思ったことを調べて、お伝えしていきますので、気軽に質問お願いしますね。