【初心者向け】メタマスクの基本的な使い方 Part.3 ~Polygon設定・ネットワーク切り替え編~

こんにちは!JPYCです。

 

前回に引き続き、メタマスクの使い方を見ていきたいと思います。多分、メタマスクの基本的な使い方シリーズの最終回になります。

つまり、この回までしっかり理解できていれば、メタマスクの使い方をマスターしたってことになりますね。

【前回までのまとめ】

 〇 ウォレットが何かわかり、メタマスクがわかる。

 〇 メタマスクの登録ができる。

 〇 トークンの追加方法。

 〇 ウォレットの復元方法。

 〇 必要手数料の見方。

 〇 取引履歴について。

 

もしまだの方は、下記のリンクからどうぞ。

【初心者向け】メタマスクの基本的な使い方 Part.1 ~ウォレット作成・送付・接続編~

【初心者向け】メタマスクの基本的な使い方 Part.2 ~トークン追加・復元・取引履歴編~

 

今回は、メタマスクの基本的な使い方 Part.3なので、よりメタマスクを理解できる・使いこなせるようにしてくのが目標です。

この記事で学べる、具体的な内容はこちら。

【学べること・できること】

 〇 ネットワークの違いがわかる。

 〇 Polygonネットワークの追加。

 〇 ネットワークの切り替えができる。

 〇 ブリッジでネットワーク間のトークンの移動ができることを知る。

です。

 

では、さっそく見ていきましょう。

 

ネットワークの違いを知ろう。

これまでメタマスクの使い方の記事で、イーサリアムネットワークを例にしてきました。

このネットワークというのは、なんなのでしょうか。

metamask_recovery_island2

簡単に言えば、です。

イーサリアムという島があります。ほかにもPolygonという島もあります。その島の中で、みな各々野菜や果物、お肉、魚、穀物(トークン)などを持っている状態です。

そして、野菜を魚に、お肉を穀物に、、、のようにトークンとトークンを交換したり、保管したりしています。※トークンとは、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産やJPYCのこと。

ざっくりこんなイメージで覚えておきましょう。

 

実は、ネットワークというのは無数にあります。

xDai、Shiden、TERRA、SOLANA、RONIN、AVALANCHE、FANTOM、ARBITRUM、COSMOS、HARMONYなどです。

 

JPYCを購入して、受け取れるネットワークは、イーサリアム、Polygon、xDai、Shidenになります。

つまり、JPYCを購入すると、指定した島でJPYCというものを受け取り、その島の中で使えるという感じです。

 

中でもPolygonは、JPYC購入者が多いネットワークになります。なので、次はこのPolygonについて解説します。

Polygonが生まれたわけ。

Polygonというのは、イーサリアムの問題点を解決するために生まれたネットワークです。

これはどういうことかというと、イーサリアムのネットワークは昨今利用者が増え、トークンの取引の量も多くなりました。その結果、取引に使われる手数料が高くなり、かつ、取引の処理スピードも遅くなったわけです。

簡単に言えば、みんながネットを使って、回線が混み合っているような状態です。

そのため、早く取引したいなら、手数料を多く払う必要が出てきます。その結果、手数料の高騰につながりました。

 

これらの問題を解決するために生まれたのが、Polygonという処理が早く、そして、手数料を安いネットワークでした(昔はMATICという名前でした)

ただし、あくまでイーサリアムのネットワークをベースにしているため、トークンの移動などは簡単にできます。

 

スクリーンショット (1466)

引用:https://polygon.technology/stats/

参考にイーサリアムとPolygonのネットワークで、取引にかかる手数料を見ていきましょう。

左にあるInteractionsは、取引内容と理解してもらえればいいですが、どれもイーサリアムのネットワークの手数料の高さが目立ちますね。

ETH Transferで見てみると、イーサリアムの場合$6.63(約700円)で、Polygonの場合、$0.005727(約0.6円)と1000倍以上手数料に差があります。ほかのも同じように大きく差があります。

つまり、イーサリアムネットワークで取引すれば、取引の金額以上に手数料がかかる(100円のものを買うのに、1000円の手数料を払うようなイメージ)ということもあるのです。

 

そのため、ユーザーとしては、手数料の安いPolygonネットワークを使うのが賢明だといえるのです。だから、JPYC購入者もPolygonネットワークでの受け取りを指定するわけです。

Polygon公式サイト(https://polygon.technology/
Polygon公式ツイッター(https://twitter.com/0xPolygon?s=20

 

Polygonネットワークを追加しよう!

メタマスクにPolygonを設定するには方法が、3つあります。

 ①JPYC Appsにウォレットを接続する方法

 ②手入力で設定する方法

 ③chainlistで設定する方法

では、各々解説していきます。

 

Shiden Networkの追加をしたい場合は、下の記事で解説していますので確認ください。

JPYC on Shiden Networkの使い方~ウォレット設定及びネットワーク間ブリッジの方法について

JPYC Appsにウォレットを接続する方法

スクリーンショット (2045)

JPYC Appsを開き、右上にあるウォレット接続をします。

スクリーンショット (2046)

メタマスクとの接続の確認画面になります「次へ」に進み、承認しましょう。

スクリーンショット (2047)

接続が完了すると、右上に自分のアドレスが表示されます。

次に、その隣にある「Ethereum」をクリックしましょう。

スクリーンショット (2048)

ネットワークを選択という画面が出てくるので「Polygon」を選択しましょう。

スクリーンショット (2049)

そうすると、ネットワークの追加を許可しますかという表示が出るので「承認」します。

これで、Polygonネットワークの追加が完了します。

 

②手入力で設定する方法

スクリーンショット (2041)

メタマスクを開き、右上の黒丸3つ()をクリック。そして、「ビューの展開」をクリックします。

スクリーンショット (2040)

開いた画面右上にある「Ethreumメインネットワーク」をクリックします。

スクリーンショット (2042)

そして、一番下にある「カスタムRPC」をクリックします。

スクリーンショット (2044)

入力画面が開きますので、必要事項を入力していきます(コピー&ペーストでOK!)

【ネットワーク名】⇒ Polygon Mainnet

【新規RPC URL】⇒ https://polygon-rpc.com/

【チェーンID】⇒ 137

【通貨記号】⇒ MATIC

ブロック エクスプローラーの URL】⇒ https://polygonscan.com/

引用:Polygon公式ネットワーク設定

 

問題なければ、保存を押します。

スクリーンショット (2052)

画像のように、右上がPolygon Mainnetになっていれば、設定は完了です。

③chainlistで設定する方法

では、③chainlistで設定する方法を解説していきます。

chainlist matic 加工済み

まずは、下記サイトに行きます。
https://chainlist.org/

その後、①の「CONNECT WALLET」をクリックし、メタマスクと接続します。

接続が完了したら、検索欄に「matic」と入力して、出てきた「Matic Mainnnet」の「ADD TO METAMASK」をクリックしましょう。

画像16

次に出てきた画面で「Approve」をクリックします

画像17

「Switch network」をクリックします

 

画像19

画像のように、右上がmaticになっていれば接続完了です。

 

ネットワークの切り替えができるようになろう!

続いて、ネットワークの切り替えができるようになりましょう。

これはどういうことかというと、冒頭に現在多くのネットワークがあるという話をしました。

 

JPYCをイーサリアム、Polygon、xDaiで各々10,000JPYC購入した場合、

イーサリアムネットワークに、10,000JPYC

Polygonネットワークに、10,000JPYC

xDaiネットワークに、10,000JPYC

というように、ネットワークごとに、保管されます。

 

そのため、今日の取引はイーサリアムネットワークのJPYCでやろう!と思ったら、ネットワークをイーサリアムにしないといけません。また、ほかも同じです。

サイトによっては、イーサリアムネットワークのみ対応だったりすることもあります。その際にも、ネットワークの切り替えが必要になります。

 

先ほど登録したPolygonネットワークから、イーサリアムネットワークに切り替えてみましょう。

 

ネットワークの切り替えをやっていきましょう。

スクリーンショット (2052)

まずは、メタマスクを開きます。そして、上にある「Polygon Mainnnet」をクリックします。

スクリーンショット (2053)

クリックするとこのようになりますので、イーサリアムネットワークを選択します。

スクリーンショット (2054)

はい、これでネットワークが切り替わりました。

他のネットワークの場合も同じ手順なので、違う場合は使うネットワークを選択くださいね。

 

ブリッジで、違うネットワークにトークンを送る!

最後にブリッジというのは、異なるネットワーク間でトークンを移動することを言います。

metamask_recovery_island1 (1)

ネットワークの説明で、ネットワークというのは島みたいなものですということを言いました。

これで考えると、島からほかの島へ、食材(トークン)を運ぶこと。これがブリッジということです。

 

ちなみに、ブリッジは英語で表すとBridge。日本語では、橋を意味します。

 

ただ、島によっては、このトークンは使えないよ。需要ないよ、、、ということもあります。そもそも、島と島に橋がかかっている(ブリッジができる)とも限りませんから注意しましょう。

もちろん、ブリッジには手数料がかかります。

 

イーサリアムネットワークとPolygonネットワーク間のブリッジには、Polygon Bridgeという場所を使って行えます。


https://wallet.matic.network/bridge

 

メタマスクの基本的な使い方 ~Polygon設定・ネットワーク切り替え編~のまとめ

ということで、今回解説した内容はこの通りです。

 〇 ネットワークの違いがわかる。

 〇 Polygonネットワークの追加。

 〇 ネットワークの切り替えができる。

 〇 ブリッジでネットワーク間の通貨の移動ができることを知る。

でした。

 

これにてメタマスクの使い方は、ほぼほぼマスターしたといえるでしょう。おめでとうございます!

あとは、このメタマスクを使って、自由に楽しんでくださいね。

 

今後も、皆さんが疑問に思ったことを調べて、お伝えしていきますので、気軽に質問お願いしますね。

JPYCを購入する