【暗号資産に関する大統領令 翻訳】デジタル資産の責任ある開発を保証するための大統領令

 

本記事は、アメリカで2022年3月9日現地時間にバイデン大統領が署名した暗号資産に関する大統領令「Executive Order on Ensuring Responsible Development of Digital Assets」の抄訳・仮訳であり、正文は原文とします。あくまでも便宜的なものとしてし、適宜英文参照していたくようおいします。

原文:THE WHITE HOUSE, March 9, 2022.
Executive Order on Ensuring Responsible Development of Digital Assets
翻訳: 田副 寛太郎 
監修:JPYC株式会社

本抄訳・仮訳のダウンロード(PDF

記者会見室
 
デジタル資産の責任ある開発を保証するための大統領令
2022 3 9 日 大統領令
アメリカ合衆国憲法および法律により大統領として私に与えられた権限により、ここに次
のように命ずる。

1項 方針
 
金融サービスのためのデジタルおよび分散型台帳技術の進歩は、デジタル資産の市場の劇
的な成長をもたらし、データのプライバシーとセキュリティ、金融の安定とシステム上の
リスク、犯罪、国家安全保障、人権行使能力、金融包摂と公正、エネルギー需要と気候変
動など、消費者や投資家や企業の保護に深い影響を及ぼしています。 2021 11 月、国
家が発行していないデジタル資産の時価総額は、2016 11 月上旬の約140 億ドルから
3 兆ドルに達しました。 世界の通貨当局も、中央銀行デジタル通貨(CBDC)を模索し、
場合によっては実証的に導入しています。

デジタル資産に関わる多くの活動は、米国が世界をリードしてきた分野である既存の国内
法の範囲内にありますが、デジタル資産および関連する革新的技術の開発・採用が進むと
ともに、特定の主要リスクに対する防御策が一貫していないため、デジタル資産に対する
米国政府のアプローチの進化と整合性が必要になっています。 米国は、責任ある金融イノ
ベーション、安全で手頃な金融サービスへのアクセスの拡大、国内および国境を越えた資
金移動と決済のコスト削減(公的決済システムの継続的な近代化を含む)に関心を持って
います。 我々は、デジタル資産が消費者、投資家、企業保護、金融安定性と金融システム
の完全性、犯罪と不正資金への対処と防止、国家安全保障、人権行使能力、金融包摂と公
正、気候変動と汚染に影響をもらたらす可能性のあるリスクを低減するための強力な措置
を講じる必要があります。

2項 目的
 
デジタル資産に関する米国の主要な政策目標は以下の通りである。
 
(a) 米国内の消費者、投資家、企業を保護しなならない。 デジタル資産のユニ
クで多な特は、適切な保護が行われない場合、消費者、投資家、および企業に大な
財務リスクをもたらす可能性があります。分な監督基準がない場合、デジタル資産
サービスを提供する企業は、機密性のい金融データ、顧客の資産や資金に関する保
の手、投資に関連するリスクの開いて不分な保護措置を提供する可能性
があります。主要なデジタル資産取引所取引プラフォームにおるサイバーセキュ
リティや市場の失敗により、何十億ドルもの損失が発しています。米国は、消費者、投
資家、企業を保護し、プライバシーを持し、人権侵害の一となり恣意的または
法な監視から保護するために、セーフガードを保し、デジタル資産の責任ある開発を
進する必要があります。

(b) 米国および世界の金融の安定をり、システム上のリスクを減する必要があります
デジタル資産取引プラフォームやサービスプロバイーの中には、模が急速に拡大
複雑化しているものがあり、適切規制監督の対になっていない、あるいは遵守
 ていない可能性があります。 デジタル資産の発行者、取引所取引プラフォーム、及
の活動が金融安定性に対するリスクをさせる可能性のある仲介者は、"同様のビジ
ネスである、同様のリスクがある、同様のルールがある "という一般原則沿って、必要
じて、従来の市場インラや金融企業を統する規制監督基準し、遵守される
きであります。 デジタル資産が進する新しくユニークな用能は、追加済・
金融リスクを生み出す可能性があり、のリスクに適切に対処する規制アプローチへの
革が必要です。
 
(c) デジタル資産の用がもたらす不正金融と国家安全保障のリスクを減しな
なりません。 デジタル資産は、ネーロンリン、サイバー犯罪とランサムウェア、
と人身売買、テロと拡散資金を含む大な不正金融リスクをもたらす可能性があります
また、デジタル資産は、米国や国の金融制裁制度の手・当局を回避するため
ールとしてれる可能性があります。 らに、米国はネーロンリン防止及
びテロ資金調達対策(AML/CFT)のためのデジタル資産の規制及び監督に関する国的な
基準定する上で主導的な役割たしてきましたが、海外の一管轄区域にお
これらの基準の実が不分または存しないことは、米国及び世界の金融システムに対
して大な不正融資リスクをこす可能性があります。 ランサムウェ事件
のサイバー犯罪の加害者を含む不正行者は、金融活動会(FATF)が定めた国際基
をまだ効果的に実していない法のデジタル資産サービス提供者を用して、不正な
収益洗浄金化を行うことがよくあります。 国的なAML/CFT 基準効果的に実
れていない法でサービス提供者がき続き用可能であることは、不正資金規制のな
い金融活動を可能にします。不正金融を減するための統がない分散型金融エコシステ
ム、ア決済活動、不明瞭クチーン台帳の成長も、将来的にらなる
市場リスクと国家安全保障リスクをもたらす可能性があります。米国は、現在および将来
のデジタル資産システムに対して、規制ンス、技術的措置を含め、透明性、プラ
イバシー、セキュリティの高水準進するための適切管理説明責任を保し、
に対するとともに、国家安全保障手有効性を持または強化しななりま
せん。デジタル資産が不正な方法で用、使用れ、国家安全保障をなう場合、規制
監督、法行措置、またはの米国政府当局の用を通じて、これらの不正金融および国
家安全保障リスクを減するための行動をることは国にかなうものであります。
 
(d) 我々は、決済イノベーションとデジタル資産の責任ある開発を通じて、国金融シ
ステム、技術・競争力におる米国のリーーシプを強化する必要があります。 米
国は、国金融システムにおるデジタル資産と新しい形態の決済および資本フローを
える技術の責任ある開発および設計最前線まることを保することに関心がありま
す。特に、主的価、法の支配、プライバシー、消費者・投資家・企業の保護、デジタ
ルプラフォーム、従来のアーキテクチ、国決済システムとの相互運用性を進す
基準定することに目しています。 米国は、米ドルと米国の金融関および市場が
世界の金融システムにおいてたす中心的な役割から、要な済的および国家安全保障
上の利益ています。 世界金融システムにおる米国のリーーシプの継続は、米国
の金融力を持し、米国の済的利益進します。

(e) 我々は、安全か安価な金融サービスへのアクセスを進しななりません
多くの米国人は銀行口座を持たず、国境を越えた金や決済にかかる費用は額です。 米
国は、投資や国内および国境を越えた資金移動・支払いをより安く、く、安全にするこ
と、金融商品・サービスへのより大きなコスト効率いアクセスを進することなどに
より、特に従来の銀行システムで分なサービスを受けていない米国人の金融サービスへ
の公なアクセスを拡大する責任あるイノベーションを進することに強い関心を持って
 います。 米国はまた、金融革新の恩恵がすての米国人によって公享受され、金融革
新によるあら格差の影響が緩和されることを保証することも利益となるとっていま
す。

(f) 我々は、デジタル資産の責任ある開発と用を進する技術的進歩を支援しな
なりません々なデジタル資産の技術的アーキテクチは、プライバシー、国家安全保
障、金融システムの用セキュリティと力性、気候変動、人権行使能力、の国家
目標に大きな影響を与えます。 米国は、デジタル資産テクノロジーとデジタル決済エコシ
ステムが、プライバシーとセキュリティをのアーキテクチーに含め、不正用を防
能とコントロールを統合し、一暗号通貨からじる可能性のある気候へ
影響と境汚染を低減する会的責任ある方法で開発、設計、実装されるようにする
ことにより、利益享受できるとえます。

3項 連

国家安全保障問題担当大統領補佐官APNSA)および済政策当大統領補佐官
APEP)は、2021 2 4 日の国家安全保障覚書2(国家安全保障会議制度新)に
載されている省庁間プロセスを通じて、この命令を実するために必要な行政部門の行
動を調整しなならない。

省庁間の連プロセスは、適宜、以下の高官と連するものとする。 国財務
国防長法長商務労働、エネルギー長、国安全保障長境保
、行政管理予算局長、国家情報、国内政策審議長、諮問委員
長、科学技術政策室長、情報規制庁、全米科学財団、米国国開発

の行政府(関)の代者や高官は、規制独立性を分に尊重した上で、連
邦準備制度理事会、消費者金融保護局(CFPB)、連邦取引委員会(FTC)、証券取引委員
会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)、連邦預金保、通貨監督庁および
邦規制機関の代者など、適宜の会出席するものとする。

4項 米国中央銀行デジタル通貨に関連する政策と行動

(a) 米国CBDC に関する現在の政権の方針は、以下の通りである。

(i) ソブリン通貨は、よく能する金融システム、クロ済安定化政策、済成長の
であります。 現在の政権は、米国 CBDC 潜在的な設計開の選択肢に関する研究
開発力を早急に行うきとえます。これらの組みには、消費者・投資家・企業に
対する便益とリスク、金融安定性とシステム上のリスク、決済システム、国家安全保障、
人権行使能力、金融包摂と公正、及び国うと判断される場合に米国CBDC 立ち
るために必要な措置にいての価が議論される必要があるとえます。
 
(ii) 現在の政権は、CBDC に関連する国的なフォーラムや、CBDC を含む複数の国の
行するプロジクトにおいて、米国のリーーシプを発することにメ
トをじます。 将来のドル決済システムは、プライバシー保護を含む米国の先事
本書4 (a)(i))と主的価に合し、か適切透明性、続性、プ
フォーム及びアーキテクチ相互運用性または移性を世界金融システムに
する方法で設計する必要があります。
 
 (iii) 米国 CBDC は、効率的で低コストの取引、特に国境を越えた資金移動と支払いを
し、民間部門管理するデジタル資産がもたらすリスクをなくして、金融システムへ
のアクセスを進する可能性があります。の通貨当局が発行するCBDC 相互運用可能
な米国のCBDC は、よりで低コストの国境を越えた決済を進し、潜在的に済成長
後押しし、国金融システムにおる米国の中心性の継続をえ、国金融においてド
ルがたす役割を保護するのに役立つ可能性があります。しかし、潜在
的なリスクやもあります。我々は、米国が国金融システムのリーーであり
るために、々な設計の下で潜在的な利益とリスクを時に価することを先させ
きであるとえます。

(b) この命令の日から180 日以内に、財務は、国法長商務、国
安全保障長、行政管理予算局長、国家情報およびの関連関の長と
て、デジタル資産の幅広及を、技術革新がこれらのに及ぼす可能性の
、米国の金融システム、決済システムの近代化と変化、済成長、金融包摂、国家安全
保障への影響など、貨と決済システムの将来いてのを大統領に提出するもの
とする。このは、命令の第3 項に記載された省庁間プロセスを通じて調れる
ものとする。米国CBDC 設計プションの可能性にき、本報は以下の分を含
むものとする。

(i) 米国CBDC 可能な設計選択済成長及び安定性への影響を
含むに及ぼす潜在影響
(ii) 米国CBDC が金融包摂に与える潜在的な影響
(iii) CBDC 民間部門管理するデジタル資産との潜在的な関
(iv) 世界的な主権通貨及び民間通貨の将来と、金融システム及び主主への影響
(v) 海外CBDC が既存の通貨をどの置きえ、米国の金融中心性をなうよう
で決済システムを変革する可能性
(vi) 不正資金調達リスク、制裁リスク、の法行及び国家安全保障上の利益
びに人権への影響の分を含む、国家安全保障及び金融犯罪に対する潜在的な
影響
(vii) 海外CBDC の成長が米国の利益に及ぼす影響の

(c) 邦準備制度理事長は、CBDC が既存および将来の決済システムの効率性をどの
度改し、コストを削減しるかにいてき続き調し、米国CBDC 最適
形態いてき続き価し、米国CBDC を実・開する可能性に必要な手と要
価できるよう、適宜、米国政府全戦略を開発するように
れる。また、連邦準備制度理事長は、では潜在的な設計く米国CBDC
が、要なクロ済安定化手としての金融政策の能力をどの、強化または
るかを価するよう奨励れる。

(d) 法長は、財務および連邦準備制度理事長として、以下を行うことと
する。

(i) この命令の日から180 日以内に、APNSA 及びAPEP を通じて、米国CBDC の発行が
適切うとえられる場合に、法正が必要かどうかにいての価を大統領
提出する。
(ii) この命令の日から210 日以内に、APNSA およびAPEP を通じて大統領に、この命令
の第4 項(b)に財務提出したおよびこの命令の第4 項(c)に
 邦準備理事長が成した資した上で、対する提供すること。
 
5項 消費者、投資家、企業を保護するための措置

(a) デジタル資産およびデジタル資産の取引所取引プラフォームの用の増加は、
詐欺窃盗などの犯罪、の法令規制違、プライバシーやデータの侵害、不
当・不正な行や行、消費者、投資家、企業が直面するのサイバー事件のリスク
める可能性があります。また、デジタル資産の用が増加することで、合は
やコティによっていがあるため、情報い市場者に格差のある金融リス
クをもたらし、不公させる可能性があります。デジタル資産が消費者、投資家、
企業に不当なリスクを与えないようにし、安全で手頃な金融サービスへのアクセスを拡大
する力の一として、保護を設けることが要となります。

(b) 命令の第5 (a)に記載された目標との整合性をること。

(i) 命令の日から180 日以内に、財務は、労働およびの関連関の長
適切な場合には、FTCSECCFTC、連銀行関、CFPB などの独立規制機関の長)
して、デジタル資産の開発・採用および金融市場・決済システムの変化が米国
の消費者、投資家、企業および公済成長に及ぼす影響に関するを大統領に
し、あるいは命令第4 項でめられるの一提出するものとする。
において、まな種類のデジタル資産の大導入を進する、およびのよ
うな成長が米国の消費者、投資家、および企業にもたらすリスクと会にいて、技術革
新がこれらの組みにどのように影響しるかに焦点を当て、格差の影響を受け
すい人々に目をながら、議論するものとする。はまた、米国の消費者、投資家
および企業を保護し、安全か安価な金融サービスへのアクセス拡大を支援するため、
潜在的な規制および法措置を含む政策を含むものとする。 は、命令の
3 項に記載されている省庁間プロセスを通じて調れるものとする。

(ii)この命令の日から180 日以内に、米国の科学技術政策室長と最高技術責任者は、
、連邦準備制度理事長、の関連関の長として、CBDC システムの
導入を進・支援するために関連関に必要となる技術的インラ、能力、知識の技
価を大統領に提出するものとする。この価は、量子コンューティンのような新
たな技術開発に関するものも含め、々な設計の技術的リスクにいて具体的に及する
必要がある。また、価は、デジタル資産を連政府のプロセスに組みむことが、サイ
バーセキュリティ、顧客経、および会的セーティネトプロラムに対するリスク
を含め、米国政府の業および政府サービスの提供にどのように影響するかに
てのまたは勧告を含む必要がある。価は、命令の第3 項に記載されている省庁間
プロセスを通じて調れるものとする。

(iii) この命令の日から180 日以内に、法長は、財務および国安全保障長
して、デジタル資産に関連する犯罪行捜査、およびにおる法
関の役割に関するを大統領に提出しなならない。には、必要に
て、規制または法措置に関するあら勧告を含めるものとする。

(iv) 法長FTC 委員長、CFPB れ、デジタル資産の成長が競争政策に
影響を与える可能性がある場合、の影響を検討するよう奨励れます。

(v) FTC 委員長およびCFPB れ、デジタル資産のーを保護するため
 れの管轄内のプライバシーまたは消費者保護措置がどの使用可能か、また
措置が必要かどうかを検討することが奨励れる。

(vi) SEC 長、CFTC 長、連邦準備制度理事長、連邦預金保社理事長、通貨
監督庁れ、デジタル資産のリスクに対処するためにれの管轄区域内の
投資家および市場保護措置がどの度利用できるか、また追加措置が必要であるかどうか
検討するようれます。

(vii) この命令の日から180 日以内に、科学技術政策室長は、財務、エネルギー
境保護諮問委員長、大統領補佐官国家気候アドバイー、
の関連省庁の長として、分散型台帳技術と短期、中、長済およびエネル
ギーの移行との関連にいて大統領に提出するものとする。これらの技術が国内
の気候変動への組みまたは進する可能性、およびこれらの技術が境に与
える影響に関するを大統領に提出するものとする。 このは、命令の第3
に記載されている省庁間プロセスを通じて調れるものとする。 また、本報は、
的な緩和策や代的なコンセンサスの組み、およびれらがう可能性のある設計
のトードに関する調を含め、暗号通貨の合意形成メカムがエネルギー使用に
与える影響にいても及するものとする。 は、具体的に以下の項をきで
ある。

(A) 効果ガ自然または境資産に対する交換など、
気候の影響に対する監視または緩和技術をサートしクチーンの潜在的用
(B) 電網管理信頼性、エネルギー効率のインセンティ基準、エネルギー
給源に関連するものを含む、エネルギー政策への影響。

(viii命令第5 項(b)(vii)に記載された提出から1 年以内に、科学技術
政策局長は、財務、エネルギー境保護諮問議議長、
の関連関の長とし、当で特定れた知識のギャップに対処することを含
め、命令第5 項(b)(vii)に記載された新するものとする。

6項 金融安定化の進、システム上のリスクの減、市場の全性の強化
のための行動

(a) SECCFTC、およびCFPB と連銀行関を含む金融規制当局は、金融システムの完
全性をり、の安定性を進する金融システム全の保護を確立し、監督する上で
役割っています。 2017 年以財務は金融安定監督評議会(FSOC)を招集
し、デジタル資産の継続的な採用がもたらす金融安定リスクと規制上のギャップを価し
ています。米国は、デジタル資産が金融安定と金融市場の整合性にもたらすリスクを
し、対策を講じる必要があります。

(b) 命令の日から210 日以内に、財務FSOC 召集し、々な種類のデジタル資
産がもたらす特定の金融安定リスクと規制上のギャップをし、うしたリスクに対処
するための勧告提供する成する必要があります。 財務FSOC 適切
えるように、々な種類のデジタル資産の特し、規制監督追加
調整、新規立法に関するを含め、これらのデジタル資産がもたらす特定金融安定リス
クに対処するためのを含めるきである。 は、適宜、連銀行関の進行中の
業を含め、FSOC関、大統領の金融市場に関するーキンググループの事前の分
価をしななりません
 
 7項 不正金融および関連する国家安全保障上のリスクを限するための行

(a) デジタル資産は、ランサムウェアの活動など、高度なサイバー犯罪関連の金融ネ
ークと活動を進しました。 金融活動におるデジタル資産の用の拡大は、ネーロ
リン、テロ及び拡散資金、詐欺及び盗難びに汚などの犯罪のリスクを
める。 これらの法行は、デジタル資産の用を継続的に精査し、技術革新がのよう
な活動にどの影響を与えうるか、して規制監督官民関与、監視、法行を通じ
てこれらのリスクを減する会を模索する必要性をりにしています。

(b) テロ資金の不正資金対策に関する国家戦略会への提出から90 日以内に、
、国法長商務、国安全保障長、行政管理予算局長、国家
情報、およびの関連関の長はれ、暗号通貨、ステールコイン
CBDC を含むデジタル資産がもたらす不正金融リスク、および不正行者によるデジタル
資産の使用傾向に関する追加的見提供し、機密または室の戦略への足附属
大統領に提出するものとします。

(c) テロリスト不正資金対策国家戦略会への提出から120 日以内に、財務は、
法長商務、国安全保障長、行政管理予算局長、国家情報
の関連関の長として、戦略き、れた戦略り上られ
たデジタル資産関連の不正資金と国家安全保障のリスクを減するための調行動
策定するものとする。この行動は、命令の第3 項に記載されている省庁間プロセス
を通じて調れるものとする。行動は、法関の役割と、デジタル資産活動に
関連するAML/CFT に対する金融サービス提供者の遵守めるための措置に及す
るものとする。

(d) 国家ネーロンリンリスク価、国家テロ資金調達リスク価、国家拡散資金調
達リスク価、およびテロリストおよびの不正資金調撲滅のための国家戦略
新という全てのが完してから120 日以内に、財務は、デジタル資産の不正資
金リスクに対処するためのあらる保、見規則制定にいて本注の第
3 項に記省庁間プロセスをして関連省庁に通するものとする。財務は、規制
を通じて当リスクを減する会を価するに、関連関とし、当関の見
するものとする。
 
8項 国力と米国の競争成に関する方針と行動

(a) デジタル資産と金融イノベーションに関する国力と米国の競争成に関する私
の政権の方針は、以下の通りである。
 
(i)技術主導の金融イノベーションは国境を越えることが多いため、公的の国
力が必要である。この力は、規制水準と公競争環境を持するために不可
である。規制監督、コンプライアンスが法域間で不一な場合、取引会が
じ、金融の安定と消費者、投資家、企業、市場の保護に対するリスクをめる。国によ
る不分なAML/CFT 規制監督行は、ランサムウェアの支払いやのサイバー
犯罪関連のネーロンリンでよく見られるように、頻繁海外す不正なデジ
タル資産取引れを調する米国の能力に影響を及ぼします。また、国的な資金移
動・決済システムにお効率性を減らすための力も必要不可である。
 
(ii)米国政府は、これらの問題の多くにいて、国的なフォーラムやート
ーシプを通じて積極的に組んでおり、今後、この力を継続するための強
なアジを持っている。米国がFATF の総地位にあったに、米国はデジタル
資産に関するの国際基準を開発し、採するループをリードしてきた。米国は
デジタル決済アーキテクチーと CBDC の開発と適切相互運用性のための標
て国的なートーと力し、決済の効率性を削減し、新しい資金移動と決済システ
ムが米国におる価と法的要に一することを保し続る必要がある。

(iii)米国は2020 G7 長国として任中、G7 デジタル決済ループを設立
し、CBDC、ステールコイン、のデジタル決済の問題議論した。CBDC の政策
原則をまとめたG7 は、CBDC 索と開発の可能性にいて、国・
イドラインを確立するための要な針となる。 CBDC 国の中央銀行によって発行
れますが、れをえるインラには官民者が含まれる可能性がある。 G7
は、いかなるCBDC 透明性、法の支配全な済統競争とイノベー ションの
進に対するG7 の長年の公約にくものであるきであると強調する。

(iv)米国は、国境を越えた資金移動及び支払のための既存のシステムのCBDC
設計の国側面、及び分に規制されたステールコインのり決めの可能性に
ての業を含む、国境を越えた資金移動及び支払に関する及び摩擦むための
G20 ロードマップをき続き持する。国金融安定理事会(FSB)は、基準設
ともに、ステールコイン、国境を越えた資金移動と決済、のデジタル資産と決済
の国側面に関連する問題いての業を主導しており、FATF はデジタル資産に関
するAML/CFT 基準定においてリーーシプを発し続ている。のような国
的な調により、金融安定、消費者・投資家・ビジネスリスク、ネーロンリン、テ
ロ資金、拡散資金、制裁回避の不法行を含め、デジタル資産が提起するあら
問題に対処し続る必要がある。

(v)現在の政権は、上記で議論した項の要性をめ、G7G20FATFFSB など
フォーラムを含む要な国ートーとの関与を拡大させる。また、現在進行中の
的な活動を支援し、適切な場合には、全的な基準の策定と実力・調整、情報
進するための追加的な活動をし進める。デジタル資産に関して、私の政権は、
主主の中的価尊重され、消費者、投資家、企業が保護れ、適切な国金融シ
ステムの続性とプラフォームおよびアーキテクチーの相互運用性がれ、国
金融システムおよび国通貨システムの安全性と全性がれるようめていく。

(b) 命令の第 8 (a)に記載されている方針を進するために。

(i)この命令の日から120 日以内に、財務は、国商務、米国国開発
、およびの関連関の長として、海外のステークーおよび国
フォーラムにおいて、デジタル資産の使用および取引方法に関するローバルな原則およ
基準適応新、採用強化、ならびに我々の価および法的要と整合するデジタル
資産およびCBDC 技術の開発を進するための省庁組み確立するものと
する。これは、命令の第 3 項に記載された省庁間プロセスを通じて調れるものとす
る。この組みは、具体的で順位組み調れたメセージ、海外支援
や能力開発力、ローバルなコンプライアンスの調整など、海外ートーとの省庁
の関与と活動、国際原則基準、ベストプラクティスを進する政府全力などを
含むものとする。また、財務と金融規制当局による関連する国金融標での
 継続的なリーーシプを反映きであり、技術標の国際フォーラムにお
るデジタル資産問題への米国の関与をめ、我々の価と一するデジタル資産と
CBDC 技術の発進するものとする。

(ii)この命令の8 (b)(i)で要れる組み設立された日から1 年以内に、財務
は、国商務、行政管理予算局長、米国国開発、また、他適宜
の関連関の長として、組みの下でとられた的な行動と効果いて大統
領に提出するものとする。このは、命令の第3 項に記載されている省庁
プロセスを通じて調れるものとする。

(iii)商務は、この命令の日から180 日以内に、国財務、および
の関連関の長として、デジタル資産技術におる米国の競争力を強化し、
を活用するための組み確立するものとする。 この組みは、命令の第3 項に記載さ
れている省庁間プロセスを通じて調れるものとする。

(iv)この命令の日から90 日以内に、法長は、国財務、国安全保障
して、デジタル資産に関する犯罪行検知捜査のための国
力を強化する方法に関するを大統領に提出するものとする。

9項 定

命令の目的のために

(a) クチーンという用は、ネークれた取引、また
情報のデジタル台帳を成するネーク上でデータが有され、台帳の整合性
持し、所有権または価の移を含む能を実行するためにデータが通
を使用してリンクれる分散台帳技術をします。

(b) 中央銀行デジタル通貨またはCBDCという用は、中央銀行の直接責任であ
る、国家会単位表示されるデジタルネーまたは貨形態します。

(c) 暗号通貨という用は、クチーンなどの暗号存する分散型台帳技術
によって成または所有がサートれている、交換媒体である可能性があるデジタ
ル資産をします。

(d) デジタル資産という用は、使用れる技術にかかわらず、すての CBDC
し、また、支払いや投資、資金や交換に使用れるの価値表
、金融資産及び金融商品、または権で、分散台帳技術の使用によりデジタルで発
表示されるものをします。 、デジタル資産には、暗号通貨、ステールコ
イン、CBDC が含まれます。 使用れる表現に関なく、デジタル資産は、とりわ、証
商品、デリバティ、またはの金融商品である可能性があります。 デジタル資産は
中央権型、分散型金融プラフォームを含むデジタル資産取引プラフォームや、
ア技術を通じて交換れることがあります。

(e) ステールコインという用は、コインの価を特定の通貨、資産、または資産
プールに定する、あるいは価を安定させるために需要の変化にじてをアル
ムで御するなど、価の安定持を目的としたメカムを持つ暗号通貨のカテ
 します。
 
10項 一般規

(a) 本規則のいかなる内も、以下をなう、あるいは影響を与えるものと解釈してはな
らない。

(i) 行政関またはの長に法律で与えられた権限、または
(ii) 予算、行政、または法に関するに関する行政管理予算局長の能。
 
(b) 命令は、れる法律にき、当可能な範囲内で実するものとする。

(c) 命令は、米国、省庁役員、代人、またはかの人
に対して、ある当者が法律上または法上強できる、実的または手続き上の権
または利益与することをしたものではなく、また生み出すものでもない。

By JOSEPH R. BIDEN JR.