ステーブルコインって何?JPYCとは?

ステーブルコイン、JPYCとは?

ステーブルコイン

ステーブルコインとは安定した価格(価格変動が少なく)なるように作られた通貨のことを指します。

ステーブルコインにはビットコインやイーサリアムをはじめとする価格変動が大きい仮想通貨に比べ、比較的価格が安定している法定通貨の値動きに合わせたものがいくつか存在します。

ステーブルコインでは大きく分けて3つの方法で価値を安定させています。

 

法定通貨担保型

円やドルといった法定通貨を担保としてステーブルコインを発行する仕組みです。

日本円を100円受け取った場合、100円分のステーブルコインを発行します。

この場合は発行元である機関の信頼性が重要になります。

 

仮想通貨担保型

決まった仮想通貨を担保にしてステーブルコインを発行する仕組みです。

仮想通貨では価格が不安定な場合が多いため、100円分の価格の仮想通貨う受け取り100円分のステーブルコインを発行するのでは担保が成り立たないため、担保とする仮想通貨の価格変動を考慮したステーブルコインの発行が必要となります。

この場合は発行元の機関が存在しないため、非中央集権的な特徴があります。

 

無担保型

市場の需給に応じて供給量をコントロールする仕組みです。

市場に出回っているステーブルコインが多すぎる場合は供給を制限します。逆にステーブルコインが不足している場合は新たに発行し価格の安定させます。

 

JPYCとは

picture_pc_7e4d63f7553633c90ee667db482524a5.png

JPYCは前払式支払手段扱いの日本円連動ステーブルコインです。

1JPYC=1円で購入ができます。

こちらから購入できます。    

JPYCを購入する

JPYCは法的には暗号資産ではなく、Suicaや図書カードと同じ扱いの支払い手段です。

また、前払式扱いの日本円ステーブルコインであるJPYCはUniswapなどでの二次流通市場においてイーサリアムをはじめとする暗号資産と交換する目的での利用が見受けられます。