【Jarvis Network記事翻訳】資本効率の良く、スリッページの少ない為替取引を実現!

本記事は、Jarvis Networkが公開している記事を翻訳したものであり、当社の見解を示すものではなく、本記事の内容を推奨するものではありません。

今回、Jarvis Networkに原文の翻訳や改変の同意を受けたうえで、執筆を行っています。原文の内容と異なる部分もありますので、ご注意ください。

なお、本文を理解するのに事前に理解・読んでおいたほうがいい記事を先に載せておきます。

ステーブルコインって何?JPYCとは?

【画像でかんたん解説】初心者でもわかるDeFiの流動性供給について

 

前回の記事

【Jarvis記事翻訳】ステーブルコインとJarvisで、暗号資産と法定通貨の架け橋に!

【原文】

PLAAS (3/4): a capital-efficient low-slippage on-chain Forex market for remittance

 
 
 

jFIATとCurveにより、外国為替取引が可能に!

jFIAT間は、スリッページなしで交換ができるため、CurveにあるjFIATは相互に交換ができます。その結果、Jarvisは外国為替として機能します。外国為替というと難しいですが、単に海外の通貨を手に入れることです。

EURSをfxAUDと交換する場合、ParaSwapでは下記のルートで交換が行われます。

 1、Curveで「Xドル分のEURS」を「Xドル分のjEUR」に交換

 2、Jarvisで「Xドル分のjEUR」を「Xドル分のUSDC」に交換

 3、Jarvisで「Xドル分のUSDC」を「Xドル分のjAUD」に交換

 4、Curveで「Xドル分のjAUD」を「Xドル分のfxAUD」に交換

 

jEURとjAUDのようなjFIAT間にスリッページはなく、EURSとjEURの間にはごく小さなスリッページがあります(これはプール内のバランスによります)JarvisとCurveは、法定通貨担保型のステーブルコインと暗号資産担保型のステーブルコイン間の交換を、低いスリッページでの利用を可能にするのです。

 

JarvisとCurveは、ステーブルコインの流動性における影の立役者なのです。ユーザーは、これらの仕組みを知ることなく、ステーブルコインのスワップができるのです。

 

ステーブルコインの一番の使い道である国際送金・即時決済も可能!

 

法定通貨担保型のステーブルコインは、自国の支払いにおいてとても便利です。ですが、流動性の少なさは送金において問題になります。法定通貨担保型のステーブルコインは、法定通貨と暗号資産間の入口と出口という機能を持つため、これらをつなぐことで決済手段として資金の移動が可能になります。

 

例えば、ユーザーは、カナダにおいてカナダドル(CAD)でCADCを1:1で購入できます(CADCはPattrieが発行するカナダドルのステーブルコイン)Curveにある、jCADとCADCのプールである2CADと2EURを使うことで、下記のようにカナダからへのユーロ圏に送金ができます。

 1、PayTrieで「Xドル分のCAD」を払い、「Xドル分のCADC」を購入

 2、Curveで「Xドル分のCADC」を「Xドル分のjCAD」に交換

 3、Jarvisで「Xドル分のjCAD」を「Xドル分のjEUR」に交換

 4、Curveで「Xドル分のjEUR」を「Xドル分のEURS」に交換

 5、「EURS」を「EUR」にする

 

これは1つの例ですが、jNGNやjXAF、jXOFのようなアフリカのステーブルコインを発行するとします。

NGNステーブルコインは、バイナンススマートチェーン上であり、NGNTで購入ができます。CurveでjNGNとペアになることで、ナイジェリアとカナダ、日本、シンガポール、イギリスなどといった国との間で、資金移動ができるのです。

 

 

トランスファーワイズ(国際送金会社の1つ)と競合する会社は、PaytrieやEURSを利用し、これらのルートを活用することで、カナダの顧客からCADを受け取り、ユーロ圏にいる利用者にユーロを送ることができます。

 

国際間送金・決済はすでに実現可能!

 

もちろん、ユーザーはjFIATの1対1での取引機能を活用して、国際的な送金や国境を越えた決済を行うことができます。事実、すでに実現しています。

ツイートされた方の意味を、推測して翻訳します。
 
上記のツイートには、スイスの通貨500CHF(約6万円)をユーロにしたということがかかれています。
 
画像の上の段が、Mt.Pelerinというプラットフォームで、JarvisのjFIATを経由して、ユーロにした場合。
下の段が、銀行で、CHFをユーロにした場合。※VIREMENT:振込
 
結果として、JarvisのjFIATを使ってユーロにしたほうが480.41EURと4EUR程度(約500円)多く、振り込まれています。
 
銀行はベストな交換比率であると言っているんだけど。という風に言っています。

 


 

⛔リスクに対する警告:暗号資産は、リスクや価格変動が高く、すべての投資家に適することはありません。失ってもいいお金以上のお金は投資しないでください。暗号資産を扱う場合、自身に適しているかどうか、アドバイザーなどからアドバイスをもらうようにしてください。

⛔免責事項:本記事には、ジャービス・インターナショナルおよび/またはジャービス・グループ(以下「ジャービス」といいます)に関連するテキスト、データ、グラフィック、写真、イラスト、情報(以下「情報」といいます)が含まれています。当社は、本情報の正確性の確保に努めておりますが、本情報は「現状有姿」で提供されており、正確性や最新性が確保されていない可能性があります。本記事の掲載は、ジャービスのトークン「Jarvis Reward Token」の購入の勧誘を意味するものではなく、また、ここに記載されている投資の適合性に関して、ジャービスによる推奨と見なされるものではありません。本資料に記載された情報に基づいて、いかなる行為も行われてはならず、また、行われることが省略されてもなりません。当社は、本情報に基づいて行われたいかなる行為の結果に対しても、一切の責任を負いません。

 

以上、翻訳本文

 

免責事項

掲載されている情報については、正確性を保証するものではありません。当社は、本記事に記載のあるトークンの交換や流動性の供給、運用に関して推奨するものではありません。
自己責任・自己運用の範囲で行ってください。当社は、本情報に基づいて行われたいかなる行為に対しても、一切の責任を負いません。